新卒採用に関するFAQ

採用選考について
応募対象 / 選考プロセスなど
待遇について
給与賞与 / 休暇 / 手当・福利厚生など
働き方について
就業時間 / 勤務地 / 時間外勤務・休日出勤 / 産休・育休など
キャリアプランについて
研修 / 配属・異動 / 海外勤務 / 昇級・昇格など

採用選考について

Q.募集対象学部はありますか?
A.CRA職、QC職、臨床研究モニター職については理系学部学科を卒業予定の方が対象です。事務職については、全学部学科の方がご応募いただけます。
Q.留学生は応募できますか?
A.はい。国籍限らずご応募いただけます。特に日本語はもちろんのこと、英語・中国語を話せる方を積極的に採用しています。
Q.説明会参加は必須ですか?
A.はい。選考直結の説明会となりますので、参加は必須です。
Q.面接場所は大阪(本社)ですか?東京でも面接を受けられますか?
A.原則、自宅からアクセスしやすい拠点で受けていただきます。
Q.面接を受ける際の交通費は支給されますか?
A.遠方からお越しの方は、最終選考の交通費を支給させていただきます。
Q.選考時に筆記試験はありますか?
A.あります。適性検査および能力検査を受けていただきます。

待遇について

Q.賞与の支給実績は8ヵ月ですが、業績によって大きく変わりますか?支給されないこともあるのですか?
A.賞与なので会社の業績が支給に影響する可能性はあります。但し、会社が創立してから現在まで安定成長を続けており過去すべての実績において8ヵ月支給しています。
Q.毎年の昇給はありますか?
A.あります。前期の人事考課をもとに4月に昇給します。
Q.土日は休みですか?
A.完全週休二日制です。
Q.年末年始、ゴールデンウィーク、夏季休暇は何日ありますか?
A.年末年始、ゴールデンウィークは毎年のカレンダーをベースに計画年休等を設定して連休になるようにしています。夏季休暇は、7月から9月の間で3日(夏季休暇+計画年休1日)取得することができます。
Q.年間休日は何日間ですか?
A.125日間です。
Q.社宅制度はありますか?
A.あります。入社時に転居を伴う方は社宅制度をご利用いただけます。入居時・契約更新時の諸費用や引越代が会社負担となりますが、家賃は自己負担となります。
Q.クラブ活動(スポーツや趣味の)はありますか?
A.ゴルフ、野球、テニス、フットサル、スキー&スノボ、自転車、マラソン、釣り、登山などがあります。
Q.部門を超えた交流はありますか?
A.プライベートでも、社員同士で旅行に行かれたり野球観戦をされている方もいらっしゃいます。毎年春には4月入社の新卒が企画したBBQ大会を東京・大阪で実施しています。社員のお子様も参加されたりすることもあります。

働き方について

Q.裁量労働制とはどのような働き方ですか?フレックスタイム制とはどう違うのですか?
A.当社では、CRA、臨床研究モニター等専門性の高い職種で専門型裁量労働制を導入しています。出社・退社時刻やコアタイムのようなものは無く、実労働時間に関係なく一日9.5時間働いたものとみなす制度です。45時間の時間外手当相当分の手当が給与に含まれており、勤務時間が9.5時間に満たない場合でも減額されることはありません。また、この手当も賞与算定のベースとなっています。一方で、深夜残業や規定を超える休日出勤が発生した場合等は割増部分の手当が支給されます。
Q.勤務地はどのように決まりますか?
A.ご自身の希望を選考時にお伺いし、それを元に会社が勤務地(東京または大阪)を決定します。
Q.転勤はありますか?
A.会社都合による国内拠点間の転勤は原則ありません。
Q.時短勤務制度はありますか?
A.あります。管理本部や品質管理本部など、裁量労働ではなく9:00-17:30の固定時間で働く方が利用されており、産休、育休を経て時短勤務されている方がいます。CRAや臨床研究モニターは、専門型裁量労働制のため、そもそも時短勤務という概念がなく、裁量に合わせ仕事をしていただいています。
Q.在宅勤務制度はありますか?
A.あります。入社1年後から適用となります。今後社員のみなさんがリニカルで長く勤めていただけるようにスタートしました。但し、対象者は育児・介護などやむを得ない事情により通常就業できない方としております。
Q.休日出勤は平均してどの程度の頻度で発生しますか?
A.担当プロジェクトの状況にもよりますので、休日出勤自体が必ず発生するものではありません。未知・重篤な有害事象の発生やプロジェクトの立ち上げ時期などで、1ヵ月に1-2日程度発生する場合があります。休日出勤が発生した場合、平日に振替休日を取得するよう推奨しています。
Q.1チームのメンバーは何人くらいですか?
A.担当プロジェクトにより様々ですが、平均10人くらいです。チーム構成は、10人のチームであれば、経験10年以上のリーダー、経験7-8年のサブリーダー、経験2-6年くらいの方が6-7名、新人や未経験中途採用者が1-2名のイメージです。

研修制度・キャリアプランについて

Q.学会などへの参加は可能ですか?
A.継続研修の成績上位者について国際学会や国内学会に参加してもらっており、国際学会については、2010年の制度開始以来、今までのべ7名が参加しています(アルゼンチン、スウェーデン、 カナダ、アメリカ、デンマーク、オーストリア)。また、業務の必要性に応じ参加してもらう場合があります。
Q.外勤職から内勤職への異動は可能ですか?
A.異動の希望理由、本人の適性、配属先の要員状況によりますが、可能です。実際に異動した事例もあります。
Q.CRAと臨床研究モニターの違いは何ですか?
A.CRAはまだ世に出ていない薬の開発を担い、ゴールは新薬の承認・販売です。一方で臨床研究モニターは製販後の新薬の付加価値を高めていく「育薬」を担っています。臨床研究も近年ではICH-GCPに準拠し、企業主導で行うものが主流になりつつあり、今後CRAと臨床研究モニターに求められる資質はますます近づくものと思われます。臨床研究を含めた育薬事業は当社の中でも比較的新しい事業ですが、新薬開発で蓄積したノウハウを活用し成長に力を入れています。
Q.将来のキャリアイメージ、どのようなキャリア選択の可能性がありますか?
A.CRAとして経験を積みサブリーダー、リーダーを経て部長や執行役員へ昇格した方が多数います。また、今後はグローバルCROとして海外拠点を拡大し国際共同治験もますます増加していきますので、グローバルプロジェクトマネージャー(GPM)としてのキャリアも目指すことができます。また、国際共同治験のワンストップ受託や創薬支援展開により、モニタリングやQCだけでなく開発計画立案、薬事、実施計画書作成、データマネジメント・統計解析、メディカルライティング、安全性情報等の業務を海外と連携して進めていきますので、活躍の機会は広がります。
Q.将来、海外子会社への出張、転勤(出向)はありますか?
A.あります。当社は日本発のグローバルCROとして海外拠点を拡充しており、日本の製薬会社のグローバル開発を強力にサポートしていく方針です。そのためには、顧客である製薬会社のニーズを日本語で的確に把握し、日本から海外拠点に英語で指示を伝えるグローバルプロジェクトマネージャー(GPM)が必要です。当社では、今年からGPM育成のためのOJTを海外で実施しています。
Q.海外拠点との業務、グローバルPJに関わることができますか?
A.全受託案件のうち3-4割程度が国際共同治験であり、すでに複数のアジア試験、グローバル試験を当社グループワンストップで実施しています。直近の受託案件ではグローバル案件が7割程度まで増加しており、CRAとしての経験と英語力に自信があれば関わることができる可能性が高いです。
Q.入社後何年で昇格できますか?
A.職種ごとの経験年数に比例する傾向はあるものの、上記の人事考課制度に従って実力のある人、結果を残した人は社歴に関係なく昇格しています。CRA未経験者であれば、平均入社5年程度で係長職へ昇格、その後2年程度で経営職へ昇格するパターンが多いですが、最短では入社3年で係長職、その後1年で経営職へ昇格した方もいます。
PAGE TOP