臨床開発モニター

リニカルであれば「第Ⅱ相・第Ⅲ相」のCRAとして活躍できます。

医薬品開発における臨床試験(治験)の流れ
医薬品開発の段階

monitor01
リニカルでは新薬開発プロジェクトのなかでも特に重要とされる「第Ⅱ相・第Ⅲ相」のプロセスに特化し、大手製薬メーカーの戦略品目を多く担当しています。 (オンコロジー領域は第Ⅰ相も受託していています。)また、承認率が非常に高いので、新薬を世に送り出す喜びとやりがいを持って仕事をすることができます。

最先端の医薬品プロジェクトの経験が
あなたのキャリアUPにつながる

monitor02b

当社の臨床開発は難易度の高いアンメットメディカルニーズ疾患を対象としています。
このような領域の経験がない方でも経験豊富なCRAからの指導や社内研修によって
プロジェクトへのアサインを可能にしています。
※ アンメットメディカルニーズとは・・・未だ満たされていない医療ニーズ・未だ有効な治療方法がない医療ニーズ

日本発グローバルCRO 日本+アジア・欧州・米国

monitor03c
リニカル設立時はローカル試験の受託からスタートしましたが、事業を海外に展開し、海外子会社においてグローバル試験を受託してきました。現在では日本が窓口となり、日本+アジア・欧州・米国で実施する「日本発グローバル試験」が可能な新薬開発支援体制が整っています。

日本が本社のリニカルだから実現できるグローバルなキャリア形成

事業のグローバル化に伴い、CRA業務やポジションも広がっています。リニカルであればCRAのその先を見据えて仕事に取り組むことができます。新卒入社・中途入社関係なく、実力のある方は早期キャリアアップが可能です。世界を動かす仕事に興味のある方、リニカルにはあなたが活躍できるフィールドがあります。

グローバルプロジェクトマネージャー_280519
グローバルプロジェクトマネージャー2_280519

グローバルプロジェクトマネージャー

monitor05海外赴任実績
・ドイツ 1名 ・スペイン 1名

2017年予定
・スペイン 1名(上期) ・ドイツ 1名(下期)

今後ますます増えるグローバル開発に対応するために、毎年数名が海外子会社に出向し、
様々なことが経験できる制度があります。
帰国後は日本でグローバルプロジェクトマネージャーとして活躍することができます。

教育体制

教育研修部
導入研修(座学)約1ヶ月 ビジネスマナー・文書研修
模擬IRB研修 英語研修(集合型、e-learning )
*TOEIC受験、e-learning受講それぞれ補助あり
継続研修(集合型)月1回 階層別研修
領域別
オンコロジートレーニング CNSトレーニング
リーダーマネジメントトレーニング アジア/グローバル情報共有
中堅向けトレーニング 英語

研修スタイルは、集合研修型とe-learningがあり、割合は9:1です。月1回の継続研修では担当領域に関係なく様々な疾患の講義や臨床開発のトレンドなどを学ぶことができます。
またリニカルでは一般社団法人日本臨床試験学会のJSCTAR認定GCPパスポート取得に全社的に取り組んでいます。教育研修部では対策講座も実施しています。

qc_img03

臨床開発モニターを支える仕組みや制度

●人事考課制度

年に2回評価シートに目標を設定し、その達成度に基づき評価がされます。
また、個人業績評価をタイムリーに給与へ反映するために賞与は年3回支給されます。

●チーム体制

プロジェクト成功のためにCRA経験年数を考慮したバランスのよいチーム構成にしています。
またチームを超えて、クライアント横断会議・施設横断会議を実施。有益な情報をスピーディーに共有しております。

●裁量労働制

個人の裁量・ライフステージに合せて柔軟な働き方が出来ます。
フレックスタイムより自由度が高く、10~15時までは働かないとダメといった制約もありません。
例えば私用で午後から出勤することや、翌日私用で午後から帰りたいので、今日は遅くまで仕事をするなどの働き方が可能です。

●プロジェクトコミッティー

リニカル独自の組織で、社内外の医薬品に精通したメンバーと社外の医師で構成されています。
受託案件の治験実施計画書を多角的見地から検討し、部長陣・リーダーに対して特に留意
すべき点の確認・指示を行います。

長期雇用を支える制度・福利厚生

●高い有給取得率

2017年度は、GW休暇は9連休、年末年始休暇は11連休を予定しています。その他有給と併せて長期休暇を取られている方が多くいらっしゃいます。
スケジュールを管理し、休めるところで休み、リフレッシュしています。

●産休・育休制度

育児休暇取得後の職場復帰率94%
モニター職の方がモニター職として復帰される場合がほとんどですが、
中には、サポート部門や品質管理部門、その他内勤職、モニター職ではあるものの時短勤務で就業されています。もちろん復帰前には必ず面談を行っております。
リニカルは、その人のキャリアを最大限に考えます。

●在宅勤務制度

介護・育児等で通常の勤務が困難な方を対象に家庭との両立を支援するために実施
※入社1年後から適用

●ウェルカムバック制度

やむを得ない理由で退職した方等について再雇用を推進
※入社1年後から適用

●えるぼし認定

2017年3月に厚生労働大臣から「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」第9条に基づく認定(愛称「えるぼし」認定段階の最高位である3段階目)を受けています。

●ベビーシッター費用補助制度

厚生労働省が実施しているベビーシッター利用者支援事業制度を利用しており、補助金の支給も行っております。

●ノー残業デーの実施

_1M02216第2、第3水曜日はノー残業デーを実施しております。部内、チーム内で声をかけあって18:00までに退社できるように協力しております。

社員インタビュー一覧

PAGE TOP